天気予報

22

10

みん経トピックス

韓国に「MCM」限定店韓国スタバで環境イベント

「シェイク シャック」韓国7号店、高速バスターミナルに4月開業へ

「シェイク シャック」韓国7号店、高速バスターミナルに4月開業へ

1号店は現在も行列ができる人気

写真を拡大

 ソウル市ソチョ区にある高速バスターミナルに4月、「Shake Shack(シェイク シャック)」の韓国7号店がオープンする。

 「シェイク シャック」は2004年に米ニューヨークで誕生し、世界10カ国に約120店舗を展開するハンバーガー店。韓国では製菓・製パン企業最大手SPCグループが独占ライセンスを契約し、2016年7月にシンノニョン駅近くに韓国1号店がオープン。

 1号店がオープン50日間で販売したハンバーガーの総数は約15万個。オープンから約2年経った現在も1号店では1日平均3000個、2号店では2000個を販売。昨年3月、創業者で米国外食企業ユニオン・スクエア・ホスピタリティグループ会長ダニー・マイヤーさんが来韓し会見を開き、同店の売り上げが全世界約120店舗中1位であることを明らかにした。

 韓国7号店は、新世界百貨店カンナム店と高速バスターミナル湖南線(ホナムソン)乗り場の間に位置する。高速バスターミナルはソウルと地方を結ぶ高速バスの発着駅。同所には複合商業施設セントラルシティをはじめ、全1キロの地下ショッピングセンターGOTO MALL、新世界百貨店カンナム店、マリオットホテルなどが隣接し、1日の流動人口は25万~30万人。

 同グループは、2025年までに約25店舗の出店を視野に入れる。

グローバルフォトニュース