天気予報

23

14

みん経トピックス

注目韓国ブランドの限定店韓国に「MCM」限定店

韓国のコンビニ「CU」、業界初「サムギョプサル自販機」導入 全国に拡大へ

韓国のコンビニ「CU」、業界初「サムギョプサル自販機」導入 全国に拡大へ

1人世帯にも便利な少量包装

写真を拡大

 韓国のコンビニ「CU」サムソンシウォン店(住所)に3月23日、業界初のサムギョプサルを販売する自販機が導入された。

コンビニ業界初の試み

 韓国農協と通信社KTなどが共同で開発した同自販機は、熟成冷蔵庫と自販機を結合した冷蔵無人販売プラットホーム。スクリーンタッチ方式で、レジで会計しなくても新鮮な肉を気軽に購入できる。

 農協で認定を受けた1等級サムギョプサルをはじめ、家庭での需要が多いスープの材料、プルコギ用の部位などを販売。コンビニの主な顧客層である1~2人世帯が負担なく購入できるよう、一般の精肉店や大型マートとは違い300グラムほどの少量包装が基本となる。

 IoT(モノのインターネット)の活用により、モバイルアプリを通じて冷蔵庫の温度、湿度、賞味期限などの品質管理情報をリアルタイムで確認もできる。

 サムソンシウォン店で試験運営し、その後全国の店舗に拡大する。1人世帯の増加により、韓国では食料品、日常品をコンビニで購入する人の割合が増加。昨年「CU」では、農産物の売り上げが前年対比19.9%増、畜産物の売り上げは24.2%上昇した。

グローバルフォトニュース