天気予報

28

20

みん経トピックス

韓国でコンビニ限定の野菜韓国で「ぐでたま」限定店

韓国で「生理」の理解を高めるイベント 下着会社が企画

韓国で「生理」の理解を高めるイベント 下着会社が企画

モクドンの「現代百貨店」の地下2階「オーロラブリッジ」で開催

写真を拡大 地図を拡大

 韓国の下着専門「良い人々」は、女性の健康に対する理解と生理に対する社会的関心を高めるため、3月5日からソウル市モクドンの「現代百貨店」(916 ,Mok-dong,Yangcheon-gu)で、業界初の「生理トーク ポップアップストア」を運営する。

 同社では、韓国で昨年巻き起こった「生理用ナプキンの有害性論議」をきっかけに、女性の健康と生理に対する正しい理解と関心を高める目的で今回のイベントを企画。「ママと娘のデート」をコンセプトにした同ストアでは、母娘を対象とした特別割引と、毎週土曜に生理について母娘が一緒に対話できるプログラムを準備。

 今月10日・17日には生理を素材に軽快に描いたドキュメンタリー作「血の年代記」で知られるキム・ボラム監督が登壇し、生理に対するトークタイムも進行。売り場では多様な生理用品を展示販売する。同ストアでの売り上げの一部は、脆弱(ぜいじゃく)階層の女性のための支援金として使われる予定。

 営業時間は10時~21時。今月18日まで。

グローバルフォトニュース