天気予報

10

0

みん経トピックス

韓国で老舗料理学校が限定店韓国で銘酒「麒麟山」試飲

韓国の「筋肉自慢」消防士、上半身裸で肉体アピール 毎年恒例カレンダー販売へ

韓国の「筋肉自慢」消防士、上半身裸で肉体アピール 毎年恒例カレンダー販売へ

12人の消防士が登場

写真を拡大

 ソウル市消防災難本部は11月12日、火災による負傷者のリハビリ治療費を支援するため、「2018モムチャン消防士カレンダー」を製作し販売を開始したことを明らかにした。

 モムチャンとは韓国語で「体」を意味する「モム」と、「最高」を意味する「チャン」を合わせた造語で、鍛え上げられた肉体美のこと。

 モデルとしてカレンダーに登場するのは、「第6回ソウルモムチャン消防士選抜大会」に参加した現役消防士12人。同企画に賛同したカメラマンのオ・ジュンソクさんが「才能寄付」という形で無償で製作に参加し、撮影とデザインを担当した。

 同カレンダーは卓上用、壁掛け用の2種類で、価格は緊急通報用番号「119番」にかけて、1部1万1,900ウォン。第1弾として8700部を制作し販売。その後は販売推移を見ながら追加制作をする。インターネットショッピングモール「GSショップ」などオンラインを通じて販売され、収益金は全額、「ハンリムファサン財団」を通じて治療費負担に苦労するやけど患者らに寄付される。

 2014年に開始し、今年で4回目を迎えた同企画。市民の関心は年々高まり、昨年までの4年間で2万6729部のカレンダーを販売。販売収益金全額と寄付金を合わせた合計2億3,828万ウォンは、やけど患者の治療のために寄付され、これまで計55人(1人平均433万2,000ウォン支援)が治療。を受けた

 ソウル市消防災難本部長のチョン・ムンホは「モムチャン消防士カレンダーに対する市民からの温かな声援に力をもらい、これまで多くのやけど患者たちに希望を伝えることができた」とし、「このカレンダーを通じて、精神的にも身体的にも困難を感じているやけど患者たちとその家族に、消防士たちの真心に満ちた慰労が伝えられることを希望する」と話す。

グローバルフォトニュース