天気予報

28

19

みん経トピックス

「聲の形」バリアフリー版韓国で日本の家庭料理が人気

カンナムのKTにAIロボット 顧客に料金案内、商品提案も

カンナムのKTにAIロボット 顧客に料金案内、商品提案も

顧客の顔を認識し商品を案内する「ジニーロボット」

写真を拡大

 韓国最大の通信事業者KTが8月31日、カンナム駅のKTアベニュー店で人工知能(AI)を搭載したロボットと拡張現実(AR)技術を使った顧客サービスをスタートした。

 人工知能を搭載したロボット「ジニーロボット」には、同社が今年1月に発売したAIスピーカー兼IPTVセットトップボックス「ギガ・ジニー」の技術に、店舗用の会話データベースを加えた「ギガ・ジニー会話プラットホーム」を適用。顧客の顔を認識してあいさつするのをはじめ、音声認識を通じて顧客からの質問に答え、料金制度や商品などを案内する。

 店舗内での顧客の歩行動線を自動認識し、それぞれの顧客に向けたオーダーメード商品をスピーカーで提案。AR技術を活用し、顧客に多様な背景での写真撮影サービスも提供する。

 同社では今後、携帯電話加入と機種変更が気軽にできるAI無人店舗の開発を進めていくという。

グローバルフォトニュース