天気予報

26

23

みん経トピックス

ソウルに英食品ブランド韓国で日本発のキャラが人気

韓国で話題作「軍艦島」が公開初日に97万人動員 スクリーン独占に批判も

韓国で話題作「軍艦島」が公開初日に97万人動員 スクリーン独占に批判も

7月26日に公開された「軍艦島」

写真を拡大

 韓国で7月26日に公開された映画「軍艦島」が公開初日に97万人以上の観客を動員し、これまでの記録を更新した。

 同作品は、朝鮮半島が日本統治下にあった時代、長崎県・端島(別名=軍艦島)に強制徴用された朝鮮人が命懸けで島を脱出しようと試みる姿を描く。監督はリュ・スンワンさん。配給は韓国最大の投資配給会社「CJ E&M」。

 韓国映画振興委員会のデータによると、今月26日に97万352人が同作を鑑賞し、公開初日の観客数最多記録を樹立。この日の売上額シェアは71.4%に達し、事前試写会の観客を含めた累計観客動員数は99万1811人となった。これまでの公開初日動員数の最多は、先月公開されたトム・クルーズさん主演作「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」で、87万2965人を動員した。

 同作品は、初日に計2027スクリーンで1万174回上映され、スクリーン占有率は37.1%、上映回数占有率は55.3%だった。ネット上では同作のスクリーン独占について問題提起する声も多く見られる。映画監督のミン・ビョンフンさんは自身のSNSで「独占を超え、これは狂気だ。新記録を超えてギネスに上がらなければいけない。共生は、期待もしない。ただ、一抹の良心はなければならない。恥を知れ」と書き込み注目された。

グローバルフォトニュース