天気予報

29

25

みん経トピックス

韓国にシェイクシャック新店韓国でポケモンGOが苦戦

ソウルのトンデムン、第3日曜は歩行者天国に 世界伝統文化を紹介

ソウルのトンデムン、第3日曜は歩行者天国に 世界伝統文化を紹介

DDP前の道路を開放

写真を拡大

 外国人観光客も多く訪れるトンデムンの「デザインプラザ(DDP)」前の道路の一部が毎週第3日曜、歩行者天国として開放され、世界各地の伝統文化を紹介する場となる。

 初開催となる今月16日は、中国、日本、モンゴルなど北東アジアがテーマ。中央ステージで中国伝統武術の太極拳、日本の空手の実演が行われるほか、着物や浴衣、チャイナドレスなど民族衣装の展示や、モンゴルの移動式住居ゲルの設置体験、中国伝統茶の試飲などを企画。

 公募で選ばれた市民アーティストらによるオカリナ、ギター公演をはじめ、似顔絵やドライフラワーなどの体験・展示プログラムも実施。芝生広場ではミニゴルフやバトミントンなどのスポーツも楽しめる。

 中部消防車では当日9時から18時までDDP前の道路、チャンチュンダンノの8車線のうち3車線を通行止めとし、残り5車線は可変車道で双方向通行となる。

 都市交通本部長のユン・ジュンビョンさんは「今後も安全で自由に歩くことができる歩行文化空間の造成に努める」と話す。

 同所では、猛暑の厳しい7・8月を除き、10月まで多様なイベントを開催。5月はアフリカ、6月はラテンアメリカ、9月は東南アジア、10月は欧州をテーマに世界の文化を紹介する。

グローバルフォトニュース