天気予報

17

9

みん経トピックス

売り上げ世界1位の韓国の店ポケモンGO利用者が減少

韓国で特撮「キョウリュウジャー」続編放送へ 韓国人キャストで制作

  • 0
韓国で特撮「キョウリュウジャー」続編放送へ 韓国人キャストで制作

日本でも人気の韓国人アイドルが多数出演

写真を拡大

 カンナム区にあるコエックスで3月2日、3年ぶりに韓国での放送が決まった「獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ」の制作発表会が開かれた。

韓国タイトルは「パワーレンジャー ダイノフォースブレイブ」

 韓国の主要子どもチャンネルで4月からの放送が決定した同作品は、2013年テレビ朝日系列で放送された「獣電戦隊キョウリュウジャー」の続編。東映が制作し、韓国を舞台に韓国人キャストが演じる。監督は「キョウリュウジャーの生みの親」でもある坂本浩一さん。韓国でのタイトルは「パワーレンジャー ダイノフォースブレイブ」。

 この日の発表によると、主な配役は、ブレイキョウリュウレッド役はセヨンさん、ブレイブキョウリュウブラック役はソンホさん、ブレイブキョウリュウブルー役はセヒョンさん、ブレイブキョウリュウグリーン役は「大黒男児」インジュンさん、ブレイブキョウリュウゴールド役は「CROSS GENE」セヨンさん、ブレイブキョウリュウピンク役はイ・ユジンさん。

 会見で坂本監督は「今回の続編の制作は、自分にとっても大きな刺激となり、忘れることのできない素晴らしい経験になった」とし、「韓国の子どもたちのために韓国と日本のスタッフ全員が最善を尽くした作品なので、楽しく見てもらえたら光栄」と話した。

 2014年韓国で放送時、玩具を中心とした関連商品が絶大な人気を集め、「ロッテマート」をはじめとする大型販売店で売り切れが相次いだ。クリスマスと重なり、子どものプレゼントに同玩具を購入しようと考えた親たちが早朝4時から店舗の前に長い行列を作るなど、社会現象にまでなった。

グローバルフォトニュース