天気予報

23

20

みん経トピックス

韓国でも「聖地巡礼」に注目ドーミーイン韓国進出2号店

韓国でも「ポケモンGO」旋風 モバイルバッテリー販売量840%急増も

  • 0
韓国でも「ポケモンGO」旋風 モバイルバッテリー販売量840%急増も

日本から約半年遅れで配信がスタートした「ポケモンGO」

写真を拡大

 韓国で1月24日に配信が開始されたスマホ向けゲーム「ポケモンGO」のユーザー数が700万人を超え、スマホ周辺機器なども「ポケモン」旋風に便乗し人気を呼んでいる。

 韓国では地図サービスに関する技術的な問題などにより、日本や海外に比べ約半年遅れで配信が開始された「ポケモンGO」。スマホアプリ調査会社ワイズアップによると、同24~29日の利用者数は約700万人。韓国では27~30日が旧正月で連休だったため、ユーザー数が爆発的に増えたと考えられる。

 オンライン総合ショッピングモール「ロッテドットコム」は2月8日、大容量モバイルバッテリー、急速充電器などスマートフォン関連アクセサリーの同31日~2月6日の売り上げが、「ポケモンGO」開始前の1週間に比べ43%増加したことを発表。

 オンライン総合ショッピングモール「Gマーケット」でも関連グッズの売り上げは好調で、太陽光発電モバイルバッテリーの1月23~30日の販売量は、前週対比840%、前年同期対比470%と大幅に増加。スマホ対応手袋は前週対比82%、前年対比40%、無線充電器は前週対比11%、前年対比11%増加したと公表した。

 韓国でも社会現象を巻き起こしている「ポケモンGO」。その人気に対抗するかのように韓国のゲームメーカーが類似アプリを開発するなど、さまざまな影響を見せている。

グローバルフォトニュース