天気予報

23

20

みん経トピックス

韓国で「君の名は。」新記録韓国シェイクシャックで緑茶

「冷静と情熱のあいだ」を手掛けた音楽家・吉俣良さん、3月韓国で初公演へ 

  • 0
「冷静と情熱のあいだ」を手掛けた音楽家・吉俣良さん、3月韓国で初公演へ 

左から、ペ・ジャンフムさん、キム・サランさん、吉俣良さん、「B.I.G」ベンジさん

写真を拡大 地図を拡大

 ソウル市カンナムのインペリアルパレスホテル(248-7, Nonhyun-dong, Gangnam-gu)で1月24日、映画「冷静と情熱のあいだ」の音楽を手掛けた吉俣良さんの単独記者懇談会が開かれた。

会見で生演奏する吉俣さん

 吉俣さんは同作品をはじめ、最高視聴率21%を記録した人気ドラマ「青い海の伝説」、「イルジメ~一枝梅 」のOSTに参加し韓国でも広く知られる存在。今年3月5日に世宗文化会館大劇場で初の来韓公演の開催も決めり、大きな注目を集めている。

 会見で吉俣さんは「自分の音楽が韓国でこれほど愛されることは意外だが光栄だ」とし、「来韓公演では韓国のすばらしい音楽家たちと一緒に、観客に最高の音楽を届けたい」と挨拶。歌詞が無くとも人々の心の揺さぶるOSTの力については「映像に声を入れることが自分の仕事。ストーリーと音楽がどうやったら一つになることができるのかをいつも悩んでいる」と明かした。

 この日は、同公演にゲスト出演するクラシックギタリストのペ・ジャンフムさん、女優キム・サランさん、アイドルグループ「B.I.G」のベンジさんも登場。吉俣さんがピアノベンジさんがバイオリンを弾き、ふたりで「冷静と情熱のあいだ」OSTからの一曲「The Whole Nine Yards」を生演奏し、会見を沸かせた。

 来韓公演では、吉俣さんが40人編成のオーケストラやバンドとの共演をはじめ、数年前からペクさんの下でクラシックギターを学ぶキムさんと共に、同映画OST「History」も披露する。キムさんは「公演に参加するほどの実力はないが、熱心に練習し良い姿を見せたい」とし、「今回の公演をきっかけにさらに活発な活動をしたい」と意気込みを語った。

グローバルフォトニュース