天気予報

13

6

みん経トピックス

韓国でベアブリック限定販売韓国のカップ麺専用おにぎり

韓国で「ヤクルトおばさんからしか買えないコーヒー」がヒット 位置検索アプリも話題

  • 0
韓国で「ヤクルトおばさんからしか買えないコーヒー」がヒット 位置検索アプリも話題

焙煎日を表記し新鮮さをアピール

写真を拡大

 韓国ヤクルトから3月に発売され、「ヤクルトおばさん」からしか買うことのできないコーヒー「コールド・ブリュー・バイ・バビンスキー」が、全国で一日約10万個売れるほど人気を集めている。

 同社初のコーヒー製品として注目される同商品は、アメリカバリスタチャンピオンシップ優勝者チャールズ・バビンスキーさんとの共同開発。アメリカーノ、カフェラテ、水を注いで飲むタイプと全3種で、価格は1,500ウォン~2,300ウォン。

 韓国では各企業が次々とレギュラーコーヒーのインスタント市場に参入し、「コーヒー戦国時代」と呼ばれほど激烈な競争を繰り広げている。同社ではすでに飽和状態にあるコーヒー市場で新鮮さをアピールするため、焙煎(ばいせん)後10日以内の製品を「ヤクルトおばさん」を通してのみ販売。各製品のパッケージには、焙煎日を表記したステッカーを貼るなど他社との差別化を図った。

 これに併せて、韓国では「ヤクルトおばさん」の現在地を検索できるアプリへの注目度も上昇。2012年からサービスを開始した同アプリは、同商品の発売後3月14日~4月1日の利用件数は、発売前3カ月間の平均利用件数に比べ4.5倍に上昇した。ネット上でも「ヤクルトおばさん発見!」「初めておばさんからヤクルトのコーヒーを買って感動しました」などのコメントが多く寄せられるなど、盛り上がっている。

グローバルフォトニュース