天気予報

22

11

みん経トピックス

YGエンタが金融商品発売韓国にスーパースター限定店

韓国で「るろうに剣心 京都大火編」公開へ-「驚くべき完成度」と話題

  • 0
韓国で「るろうに剣心 京都大火編」公開へ-「驚くべき完成度」と話題

韓国版タイトルは「パラメ コムシム(風の剣心」

写真を拡大

 韓国で2月26日、日本映画「るろうに剣心 京都大火編」が公開される。

 日本で昨年8月に公開された同作品は、シリーズ累計5800万部を超える和月伸宏さんのベストセラーコミックを実写映画化し大ヒットを記録した前作の続編。2部作に分かれた前編で、かつて「人斬り抜刀」と呼ばれた男・緋村剣心が、日本制圧をたくらむ強敵を倒すべく京都へ向かい活躍する姿を描く。韓国でのタイトルは「パラメ コムシム(風の剣心」。

 2012年に開かれた「第17回釜山国際映画祭」のオープンシネマで前作が上映された際には会場に約4,000人の観客が詰めかけ、上映後には多くの拍手を受け話題になった。韓国では原作はもちろん、緋村剣心役を演じる佐藤健さんの人気も高く、同作品の公開を待ち望んでいたファンは数多い。

 マスコミ向け試写会に参加した韓国の記者たちは、「驚くべき完成度。原作の世界観とキャラクターを最後まで湾曲しない点が印象的」「アクションが感覚的で繊細に進化した」「原作以上の感動を観客に伝えてくれる」などのコメントとともに同作品を大きく紹介。

 ネット上では「公開初日に絶対に見に行く」「2月公開の映画で一番の期待作」「この日をずっと待っていた」「日本で一番好きな蒼井優が出てるので見逃せない」などのコメントが寄せられるなど、公開を前に早くも期待が高まっている。

グローバルフォトニュース