天気予報

11

5

みん経トピックス

韓国に米国発のカップケーキ韓国にレゲエの神様のカフェ

韓国の百貨店、八天堂の「くりーむパン」販売へ

  • 0
韓国の百貨店、八天堂の「くりーむパン」販売へ

韓国のスイーツマニアにも人気の「くりーむパン」

写真を拡大 地図を拡大

 ソウル市のサムソンドンにある「現代百貨店」(159-7,Samsung-dong,Gangnam-gu)に1月30日、スイーツパンの専門店「八天堂」の韓国1号店がオープンする。

 1933年、広島で和菓子屋として誕生した同店。冷やして食べるふわふわの「くりーむパン」を筆頭に、他には無い新食感の和製スイーツパンを次々と開発し、全国で人気が上昇。現在は広島の本店をはじめ、東京、名古屋、大阪、福岡などで14店舗を展開する。

 韓国1号店では、カスタードに純生クリームを合わせた「カスタード」、純生クリームの割合を増やした「生クリーム」など6種を販売。価格は各2,800ウォン。同デパート調理食品バイヤーのチェ・ヘミンさんは「商品は全て日本で作られた後に発送され、食品医薬品安全処の検査を受けてから販売する。安全性の高さにもこだわっている」と話す。

 「くりーむパン」は韓国のスイーツマニアの間ではすでに有名で、ガイドブックなどでは「日本へ旅行したら必ず食べなければいけないパン」として紹介されることも。ネット上では、「日本に行かなくても食べられる日が来るなんて」「日本で食べた時の感動が忘れられない」「オープン初日に買いに行かなければ」など、ファンが喜びのコメントを上げている。

グローバルフォトニュース