天気予報

22

11

みん経トピックス

韓国の元祖アイドルグループカンナムに若手シェフが出店

「後払い型」モバイル交通カード、ソウル市がサービス提供開始

  • 0
「後払い型」モバイル交通カード、ソウル市がサービス提供開始

「モバイルT-money」アプリから「後払い型サービス」を選択する

写真を拡大

 ソウル市は公共交通機関などで使用した金額を後日クレジットカードで決済できる「後払い型」モバイル交通カードのサービス提供を始めた。

 新韓カードを所有するSKテレコムのスマホユーザーを対象に行い、下半期からはそのほかの通信事業者、クレジットカード会社でのサービスも始める予定。利用方法は、「モバイルT-money」アプリをインストールした後、アプリのメニューで「後払い型サービス」を選択し、スマホ名義本人の新韓カードを登録すれば、すぐに利用できる。

 既存のモバイル交通カードはプリペイド式だったため、残高不足時にチャージしなければいけない不便さがあったが、同サービスは1回あたり3万ウォン、1日最大9万ウォンの範囲内で公共交通機関、タクシー、全国の流通加盟店、インターネット・スマホのオンラインショッピングでも利用できる。

 これまではオンラインショッピングを利用する際、ID、住民登録番号、カード番号、暗証番号など利用者の情報を毎回入力するか、もしくは支払い認証番号を入力するなど面倒な手続きが必要だったが、同サービスを利用すれば、これらの手順に従わず決済ボタンを押すだけで簡単に決済できる。

 ソウル市は、「手軽さやさまざまな用途の拡大に伴う汎用(はんよう)性などで市民に多くの利便性を提供できるサービスだと期待している。今後も低コストで市民の生活改善につながるイノベーションを推進していく」と意気込みを語る。

グローバルフォトニュース