天気予報

22

11

みん経トピックス

韓国で幼虫キャラのケーキ韓国の深夜運行バス利用状況

韓国で映画「おしん」公開控え試写会-感動の声続々

  • 0
韓国で映画「おしん」公開控え試写会-感動の声続々

「おしん」の韓国版ポスター

写真を拡大

 ソウル市のソンドン区にあるワンシムニCGV(168-1, Sageun-dong, Seongdong-gu)で11月27日、日本映画「おしん」の公開を控えマスコミ向け試写会が開かれた。

 日本で今年10月に公開された同作品は、1983(昭和58)年にNHK連続テレビ小説として放送され、平均視聴率52.6%の大記録を樹立したドラマ「おしん」が原作。新たなキャストとスタッフで映画化され、おしんの少女時代に焦点を当て苦難に負けずひたむきに成長する姿を描く。

 おしん役はオーディションで選出された新人子役の濱田ここねさんが演じ、おしんの母を上戸彩さん、父を稲垣吾郎さん、おしんの奉公先である加賀屋のくに役を泉ピン子さんが演じる。

 ドラマは日本だけでなく68の国と地域で放送され、日本人の勤勉さを強く印象付け大きな反響を呼んだ。韓国ではドラマの放送がなかったため、同作品を見て観客がどんな反応を見せるのかに注目が集まっている。

 試写会に参加した記者たちは、「息を飲むような映像美」「おしんを演じる子役の演技力に驚かされた」などのコメントと共に同作品を紹介。計3万人の観客を招待し大規模な試写会も開かれたが、ネットでは女性の観客を中心に「想像以上の感動作。母親や祖母を連れてもう一度劇場で見たい」「今の自分にとってとても大きな力になった」「終わってからもしばらく涙が止まらない映画は初めて」などのコメントが寄せられるなど反響が高く、公開を前に早くも期待が高まっている。

 12月5日公開。

グローバルフォトニュース